大学概要

建学の理念

建学の理念

全ての人々が高い水準の健康を享有する社会の実現

「健康であること」は、人々の最も基礎的かつ重要な願いである。この願いを追求するために、先人達は不断の努力を傾注してきた。現在の我々が享有する健康は、こうした先人達の努力の積み重ねの結果により担保されている。

しかしながら、時代の変化とともに様相を変えながら、現在の我が国においても、社会や生活様式が変化する中で、あるいは高齢化が急速に進展する中で、病に苦しみ、また、介護や福祉などの社会の支援を必要とする多くの人がいる。

一方、世界に目を移せば、極めて低い水準の健康しか享有できない多数の人々が、日々苦しみ、そして斃れている。

WHO憲章前文は、「到達しうる最高水準の健康を享有することは、万人の有する基本的権利のひとつである」と謳う。

本学は、我が国及び世界において人々が等しく高い水準の健康を享有する社会が実現されんことを願い、これに貢献するための教育及び研究に取り組むことを目的として、ここに設立する。