大学概要

学長メッセージ

保健医療経営大学は、
進化する未来に貢献できる人材を育成します。

「人」、「社会」、「地域」、「世界」、「未来」
そして「自ら」を理解することを教育研究上の理念とします。

学長

廣田  良夫Yoshio Hirota

学長/医学博士

□専門分野/疫学、感染症対策、予防接種/
厚生科学審議会感染症部会委員

近年、医療技術の急速な進歩や医療制度の細分化など、医療供給の仕組みは複雑化の一途をたどっています。また、人々の健康志向や医療需要も多様化しています。従って、有形無形の保健医療資源を有効に活用するためには、単なる経営上の実務教育では及ばない、幅広い専門性と独創的な視点が求められるようになってきました。

保健医療経営大学においては、教育研究上の理念として、「人」を理解する、「社会」を理解する、「地域」を理解する、「世界」を理解する、「未来」を理解する、「自ら」を理解する、という6項目を掲げています。

これらの理解をうながしながら、保健医療に係わる人的物的資源を人々のニーズに適合させるための教育を目指しています。そのような知識と技術を習得することにより、身近な医療の現場においても、医療技術が最大限に発揮される環境を整え、そこから生まれる最高の医療を人々に効率的に届けることを実現できるようになるでしょう。本学で学ぶことにより、高い水準の健康を享有できる社会の実現に向けて貢献して頂きたいと考えています。

学内イメージ