教育・研究

国際交流・国際協力活動

国際交流・国際協力活動

国際交流

春海(チュネ)保健大学校との留学交流や共同研究に大きな期待。

平成27年5月29日に本学と韓国の春海(チュネ)保健大学校の交流協定を締結しました。協定の締結により、学生の留学交流のほか共同研究や学術資料の交換などの体制づくりに着手することが可能となり、他にも聖マリア病院で実施のJICA国際研修の講師陣には本学教員が組み込まれ、研修員親睦パーティへの本学学生の参加など、本学学生が国際交流経験を積むことができる機会を数多く設けています。

本学と韓国の春海(チュネ)保健大学校の交流協定を締結

国際協力活動

保健・医療分野は、国際社会においても重要な課題の一つです。発展途上国における保健・医療の水準はいまだ低いところが多く、特に新生児死亡率の高さなどにみられる母子保健・医療の分野の遅れは、経済面への影響を含め、世界の健全な発展の観点からも引き続き重要な課題となっています。他方、相対的に安価で高度な医療を提供できるタイなどは、外国人の患者を治療して高い評価を受けています。

本学では、国際保健医療協力分野において長年にわたり貢献してきた聖マリアグループその他の団体との連携の下で、国際協力分野の研究及び実践活動を進めるとともに、国際協力に関心を有する学生のための授業科目を専門科目として配置し、開発途上国において現地実習を行う科目「海外フィールドワーク」も設けています。

海外フィールドワーク

調査団など海外派遣実績

日程 派遣国 教員 実績
2013年 11月24日~ 30日 ラオス 伊達卓二 WHO西太平洋事務局の要請に基づくラオス結核対策課の支援(胸部X線検査質向上のための研修実施)
2013年 10月20日~ 26日 フィリピン 伊達卓二 都市貧困地域の結核対策プロジェクト(JATA)の技術指導
2013年 8月19日~ 25日 ザンビア 伊達卓二 ルサカ市の結核対策プロジェクト(JATA)に講師として参加
2013年 8月3日~ 18日 マラウイ 伊達卓二 医療機材保守運営管理の専門家(JICA)として進捗状況の確認と指導
2013年 6月30日~ 7月6日 フィリピン 伊達卓二 都市貧困地域の結核対策プロジェクト(JATA)の技術指導
2013年 2月16日~ 3月9日 マラウイ 伊達卓二 医療機材保守運営管理の専門家(JICA)として進捗状況の確認と指導
2013年 2月4日~ 9日 フィリピン 伊達卓二 都市貧困地域の結核対策プロジェクト(JATA)に講師として参加
2012年 9月17日~ 22日 フィリピン 伊達卓二 都市貧困地域の結核対策プロジェクト(JATA)に講師として参加
2012年8月18日~9月6日 マラウイ 伊達卓二 医療機材保守運営管理の専門家(JICA)として進捗状況の確認と指導
2012年 8月11日~ 17日 ザンビア 伊達卓二 ルサカ市の結核対策プロジェクト(JATA)に講師として参加
2012年 3月5日~ 25日 マラウイ 伊達卓二 医療機材保守運営管理の専門家(JICA)として進捗状況の確認と指導
2011年 11月30日~ 12月4日 フィリピン 伊達卓二 市貧困地域の結核対策プロジェクト(JATA)活動としてフィリピン放射線技師会年
次総会にて講演
(演題:結核患者発見に資する胸部X線写真の画質改善対策)
2011年 9月10日~ 25日 マラウイ 伊達卓二 医療機材保守運営管理の専門家(JICA)として計画立案の指導
2011年 8月22日~ 9月1日 フィリピン 伊達卓二 都市貧困地域の結核対策プロジェクト(JATA)に講師として参加
2011年 2月22日~ 3月6日 マダガスカル 橋爪章 エイズ予防対策強化プロジェクト運営指導調査(JICA)に技術参与として参加
2011年 2月6日~ 16日 エリトリア 伊達卓二 保健医療サービスのための医療機材管理システム強化プロジェクト終了時
2010年 11月21日~ 27日 フィリピン 伊達卓二 都市貧困地域の結核対策プロジェクト(JATA)に講師として参加
2010年 9月1日~ 10日 ウガンダ 伊達卓二 保健インフラマネジメントを通じた保健サービス強化プロジェクト詳細計画
策定調査(JICA)に団員として参加
2010年 6月23日~ 7月8日 ケニア 橋爪章 輸血血液の安全性確保プロジェクト終了時評価調査(JICA)に総括団員として参加
2009年 7月16日~ 27日 ケニア 橋爪章 輸血血液の安全性確保プロジェクト中間評価調査(JICA)に総括団員として参加

注)JICA: Japan International Cooperation Agency, JATA: Japan Anti-TB Association

聖マリア病院国際協力部

特定非営利活動法人ISAPH