教育・研究



「保健医療経営学」を学ぶ

「保健医療経営学」とは・・・

一般的に経営学とは「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」を適切に管理することによって、組織を健全に発展させる方法を学ぶ学問です。保健医療分野では、これまでこの経営の視点が欠けており、その改善が急務とされています。

病院や企業、あるいは地域社会において、その抱える課題を適切に把握し解決する能力、それに必要な幅広い視野、調整力や実践力、さらにはホスピタリティなど幅広い人間性を有する人材の育成が基本であり、さらに保健医療分野における独特の制度・組織の中でも十分に活躍できる事務職・経営職のプロフェッショナルの養成を実現します。

つまり、『保健医療経営学』を学ぶ最大の目的は、人々に対して安心・安全で、より質の高い、最良の医療を提供することへの貢献であり、地域の人々の健康、さらには途上国の医療の発展に貢献することです。