教育・研究

カリキュラムポリシー及びディプロマポリシー

カリキュラムポリシー及びディプロマポリシー

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

卒業認定・学位授与の方針に掲げる知識・技術を修得させるため、開設科目を総合科目群、専門基礎科目群、専門科目群の3つに分け、一般教養から保健医療経営の専門知識までを、段階的かつ体系的に学修できるようカリキュラムを構成している。

【教育内容】

1)総合科目群は、「導入」、「理解」、「外国語」、「リテラシー」の4領域で編成している。

1-1)「導入」領域では、スキル開発(レポート作成、ディベート演習など)やキャリア開発(自己分析、自己表現など)の科目を設け、コミュニケーション能力の重要性、および卒業後も見据えた計画的学修の重要性について理解を促す。

1-2)「理解(人間、自然と生命、社会、世界)」領域においてはいわゆる一般教養科目を、「リテラシー」領域においては情報処理などの科目を設け、人々の健康や健全な地域の発展を支援するための学修基盤を醸成する。

1-3)「外国語」領域には、必須科目の英語に加えて、中国語と韓国語の科目を設けている。英語教育においては習熟度別にクラスを編成して学習効果を上げるとともに、ネイティブスピーカーによる英会話講座(希望参加)を設けている。

2) 専門基礎科目群は、「医学の基礎」、「保健医療福祉制度」、「経営の基礎」の3領域で編成し、保健医療経営の基本的な専門知識を体系的に修得するための科目を設けている。

2-1)「医学の基礎」領域では、広範かつ難解な医学の学修負荷を軽減するため、解剖や生理、各種疾患、医薬などに関する授業を工夫して系統的に組み立てている。

2-2)「保健医療福祉制度」領域では、保健・医療・福祉分野を規定する基本的な制度や法規に関する科目を設けている。

2-3)「経営の基礎」領域には、保健医療経営の専門科目に円滑に移行できるよう、経営学概論、簿記・会計入門、経済学などの科目を設けている。

3) 専門科目群は、「施設経営系」、「地域経営系」、「応用系」からなり、このうち、「施設経営系」と「地域経営系」については学生がどちらかを選択する。

3-1)「施設経営系」においては、経営理論、会計・財務、運営管理、医療情報・医療事務、起業に関する科目を設け、病院等の事務部門において経営管理に携わるための知識・技術を修得させる。

3-2)「地域経営系」においては、地域政策、保健医療福祉政策、国際保健医療協力に関する科目を設け、地域において政策の企画・立案、実施・運営に携わるための知識・技術を修得させる。

3-3)「応用系」は、演習と外部実習からなり、「施設経営系」と「地域経営系」の各選択分野において、課題解決の実践力を身につけ、経営の立場から、保健・医療・福祉分野における活動のコーディネートやマネジメントができ、リーダーシップをとることができる能力を培う。

【教育方法】

1)学生が主体的に学修に取り組むよう、アドバイザーによる積極的な学修支援を行う。

2)アクティブラーニングを取り入れた教育方法を、教養教育部門(総合科目群を担当する教員が中心)および専門教育部門(専門基礎科目群および専門科目群を担当する教員が中心)において検討し実施する。

3)eポートフォーリオシステムを構築し、学生が自ら学修状況を管理・評価し、キャリアアップに取り組む体制を整備する。

【教育評価】

評価ルーブリックを作成し、教養教育部門と専門教育部門の各部門において教育の総合評価を行い、PDCAサイクルに沿った評価改善を継続する。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

本学で所定の単位を修得し、以下の能力を身につけた学生には、「学士(保健医療経営学)」の学位を授与する。

1)「人」、「社会」、「地域」、「世界」、「未来」、「自ら」を理解し、豊かな人間性と幅広い視野を身につけることにより、社会の中で弱者や少数者と共生しながら、人びとの健康や健全な地域の発展を支援することができる能力

2)保健医療経営の基本的な専門知識や技術を体系的に修得し、保健・医療・福祉の実態を観察して要約し、特異性を見出すことができる能力

3)保健・医療・福祉分野において、課題を発見して分析し、解決に向けて目標を定め、それを達成するための方針や方法を明確にし、組織やシステムを整え、他者と協力しながら課題解決に取り組むことができる能力

4)これらを踏まえて、国際社会や地域社会の中で、経営の立場から、保健・医療・福祉分野における活動のコーディネートやマネジメントができ、リーダーシップをとることができる能力