保健医療経営大学オフィシャルブログ

情報処理学会コンピュータと教育研究会が本学で開催


10月20日(土)と21日(日)に本学において、情報処理学会コンピュータと教育研究会第146回研究発表会が開催されました。

本研究会は、情報教育とコンピュータを活用する教育を対象分野としており、二日間にわたって、大学教員のみならず、学生、小学校教員、高等学校教員、企業の方の発表があり、活発な議論が行われました。本学の学生も研究会の補助として受付や会場係を担当しました。分野は異なるもののふだん聴くことのない他大学の教員や学生の発表もあり、本学の学生も大変刺激になったようです。

最近の学会や研究会では、聴講者もパソコンを利用し、論文集もネットワークから入手するため、教室内にOAタップにより電源を供給し、大学等教育研究機関の間でキャンパス無線LANの相互利用を実現する国際無線LANローミング基盤「eduroam」に本学も9月末に参加し、他大学等の研究者が通常利用している設定でセキュリティを確保しつつ本学のネットワークを利用する環境も提供しました。

セッションの合間の休憩の際に提供した茶菓と運営委員会の昼食の多くは、補助をしてくれた学生が準備してくました。地元みやま名産のセロリを使った田中羊羹本舗さんの「みやませろり」、高菜漬け入りのオニマルさんの「高べえ」、ふぉれすときゃっとさんのネコ形のマドレーヌとクッキー、岩永源蔵本店さんの「玉めし」など、いずれも参加者に好評でした。