平成26年度診療報酬改定の動向(4)


一昨日開催された社会保障審議会医療保険部会で、次の平成26年度診療報酬改定のスケジュール(案)が示されました。
4月~8月 (社会保障制度改革国民会議)社会保障制度改革の議論→とりまとめ
夏・秋頃  (医療保険部会、医療部会)平成26年度診療報酬改定の基本方針の議論
10月末  (中医協)医療経済実態調査結果報告
~12月  (中医協)検証結果も含め、個別項目について集中的に議論
12月上旬 (中医協)薬価調査・材料価格調査結果報告
12月下旬 (内閣)予算編成過程において、診療報酬等の改定率を決定
平成26年
1月中旬  (厚生労働大臣)中医協に対し、予算編成過程を通じて内閣が決定した「改定率」、社会保障審議会において策定された「基本方針」に基づき診療報酬点数の改定案の調査・審議を行うよう諮問
1月~   (中医協)厚生労働大臣の諮問を受け、具体的な診療報酬点数の設定に係る調査・審議
2月中旬  (中医協)厚生労働大臣に対し、診療報酬点数の改定案を答申
3月上旬  (厚生労働大臣)診療報酬改定に係る告示・通知の発出
4月1日   施行
このほか、医療保険部会では、中央社会保険医療協議会等における議論の状況を整理した資料が配布されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000036ye0-att/2r98520000036yiu.pdf
資料目次は次の通りです。
それぞれの項目の内容は、当ブログにて既紹介です。
1.社会保障・税一体改革と平成24年度診療報酬改定の経緯
2.入院医療について
①高度急性期・一般急性期について
②長期療養について
③亜急性期等について
④地域特性について
⑤有床診療所における入院医療について
3.外来医療について
4.在宅医療について

Comments are closed.